ケアプロストを使えば安くまつ毛育毛が可能

目元を美しくしたいと考えて、美容整形の手術を受けるべきか悩んでいる人は、まずはケアプロストを使ってみる事をおすすめします。
まつ毛を育てるために活用されている製品で、まつ毛美容液とは違って医薬品に分類されているのが特徴です。
美容液とは少し違った使い方をする必要がありますから、初めて使用するという人は注意をしなければいけません。

使用するタイミングも重要で、就寝前に1日1回だけケアプロストを使うと、より大きな効果を実感しやすくなります。
就寝前でなければケアプロストの成分が、十分に浸透してくれない可能性もあるので注意してください。
使用前にメイクを落としておく事も重要で、メイクに含まれている成分がケアプロストと混ざり合ってしまうと、育毛効果を実感しにくくなる場合もあります。

ケアプロストを使用する前にコンタクトレンズも外しておかなければ、レンズと眼球の間に成分が入り込んでしまう場合もあるので注意が必要です。
大量に塗布する事になる美容液と違い、ケアプロストであれば片目につき一滴ずつの使用でも、十分な育毛効果が実感できます。
塗布しすぎると目元や眼球に刺激を与えてしまう危険性もあるので、焦らずに少量ずつ使っていく事を心がけてください。

緑内障の治療薬としても使われるビマトプロストの効果によって、まつ毛を綺麗に伸ばしていくためにも、左右の目元に同じ量を塗布する事が重要です。
もし目元に塗布する量が左右で違っていると、毛の伸び方にまで左右で差が出てしまう可能性もあります。
ケアプロストを使用する際には、塗布してから15分は絶対に目元に触れないようにしてください。
目元に触れてしまう事によって、成分が目に入り込む事もありえるためです。

育毛効果が実感できなかったとしても、3ヶ月ほどは使用を続けてみて、どれぐらい毛に変化があるのか確かめてみる事を推奨します。
まつ毛というのは短期間で変化しにくいですから、効果が出ないからと焦って使用量を増やしてしまうのは危険です。

ビマトプロストは元々は緑内障治療の薬

緑内障とは視神経の異常によって目から入ってきた情報を脳に伝えることができなくなったり、眼圧の上昇によって視野が狭くなる病気です。
日本人の失明の要因の1つとして長年多くの患者さんを苦しめてきました。
ビマトプロストはもともとそんな緑内障の治療のために流通していたもので、点眼薬の形で処方されていたものなのです。
1日1回を目安に患部に使用することで、眼球の圧力を下げて視野の回復を図っていました。

緑内障は昔から治療が難しく進行がゆっくりなことも災いして発見が遅れ症状が重くなるのが難点でした。
ビマトプロストが開発されてからは視神経の障害を抑制することができるようになり、失明の危機を回避できるようになっています。
それが近年研究が進みまつ毛を太くしたり長くしたりする育毛の効果のあることがわかり美容分野でも利用されるようになったのです。
これは偶然から発見された効能でビマトプロストを点眼していた患者さんにまつ毛の成長が見られたことがきっかけでした。

現在医療分野としてビマトプロスト成分は緑内障の治療と共に、薄毛症の1つとして定義されている「睫毛貧毛症」の治療薬として処方されています。
ビマトプロストと一般的な美容液との違いはまつ毛を伸ばすための薬用成分が確認されていると言うことでしょう。
まつ育のための美容液には様々な種類がありますがエクステンションやマスカラと併用することを目的にしている場合には育毛の効能自体はさほど高くありません。

そのためまつ毛美容液を探す際には育毛に効果的であることが立証されているビマトプロストやプロスタグランジンなどの成分が含まれているものが効果的なのです。
代表的なものにケアプロストがあります。パッケージの裏面にはその美容液に使われている成分の表示があますがケアプロストには明記がしっかりされているので安心です。