綺麗なまつ毛が欲しいならルミガンがおすすめ

長くて濃いまつ毛は目をパッチリ大きく見せてくれます。
マスカラやつけまつ毛をつけることで、まつげを濃く長く見せることはできますが、とれてしまえばまた元通りのまつ毛になってしまいます。
マスカラやつけまつ毛に頼らないで、つねに美しいまつ毛のままでいたいと希望する人は多いことでしょう。

現在まつ毛美容液の「ルミガン」が注目を集めています。
もともとは緑内障の治療薬だったのですが、副作用にまつ毛が濃くなったり長くなったりする作用が見られたので、その後まつ毛育毛剤として開発された美容品です。

ルミガンの使用方法は就寝前に洗顔後、まつ毛の生え際にそって塗るだけです。
このとき、目元に近いところを塗ることになるので、液が目に入らないよう注意します。
まつ毛育毛剤専用のアプリケーター(アイブラシ)を使用すると塗りやすいので買っておくといいでしょう。
まぶたからはみ出てしまった場合は、ティッシュでふき取るようにしましょう。

ルミガンの副作用ですが、人によっては、色素沈着が起こるという副作用が報告されています。
ルミガンを塗るさいに、はみ出でてしまったところの皮膚の部分が、薄茶色に変色してしまうことがあるようです。
ただ、使用を中止すれば、色素沈着は自然と薄くなっていきます。
副作用が気になるようなら、色素沈着防止のために、スキンケアクリームをまぶたに塗ってからルミガンを使用するようにするといいでしょう。

ルミガンは医薬品なのでドラッグストアなどで手軽に購入することはできません。
現在日本でルミガンを手に入れるためにはエステや美容外科などのクリニックで処方してもらうかありません。
ただ、個人輸入代行を利用すれば、通販で手に入れることはできます。
処方箋など必要なく使用することはできますが、購入後は完全自己責任となることは覚えておきましょう。
中には偽物や粗悪品も出回っていることがあるので、購入するさいにはよく見極める必要があります。

ルミガン使用においての注意点

ルミガンは、パッチリとした目元を作るために役立つアイテムで、クリニックに行けば簡単に手に入れることができ、使用方法も塗るだけという簡単さから気軽な気持ちで始めてしまう人も多くいます。
しかし、使い方を間違ってしまえば目の中や肌にもトラブルが発生することになるので、初めての人であればしっかりと使用方法を理解して正しく使い続けることは欠かせません。

ルミガンは、洗顔後の清潔な肌に塗る必要があります。
まつ毛の根元に浸透させる必要があるので、メイクをしたままであったり汗や皮脂によって肌が汚れた状態であれば、せっかくのルミガンが弾かれて効果を発揮しないことになってしまいます。
自宅に帰ってきて入浴を済ませてメイクを落とした就寝前がベストなタイミングとなります。

また、塗る時に、はみ出さないように注意しなければなりません。
そのまま取り出して塗ればはみ出してしまう可能性が高くなります。
まつ毛の生え際だけに的を絞るためにも専用のアプリケーターも一緒に手に入れておくと役立ちます。
もしも手に入らない時にはリップブラシを使う事もできますが、毎回洗って清潔にする必要がありますし、必要な量よりも多くリップブラシにルミガンが付着して無駄にもなってしまいます。
ベビー用綿棒なら、使い捨てで細くて綿が少ないのでルミガンを無駄にすることがありません。

塗る時には、安定した場所で鏡を見ながら慎重にまつ毛の根元に塗るようにします。
ルミガンは、緑内障の人にとっては効果的な点眼薬となりますが、健康な人の目の中に入ってしまえばトラブルにもなりかねません。
また、目の中に入らないようにばかり注意していると、反対側の肌に付着してしまうことがあります。
色素沈着の原因ともなるので、はみ出したらすぐにふき取るようにしましょう。